本格的な欧米スタイルのウェディングプランナー お二人の幸せをカタチに彩ります ブライズママ

フリーウェディング プランナー育成への取り組み

 フリーウェディングプランナーはこれから活躍できる職業です

結婚式が現在の形になったホテル結婚式の始まりは1923年、それから90年以上の月日が経っています。

ホテル結婚式とは一つの会場の中に、挙式場、衣装、写場などを置き一つの会場の中で全てが準備出来る形式という意味です。その時代は家と家の結婚式であり、ご招待状も〇〇家〇男と〇〇家〇女、ご招待名はご両親の男性名での形でした。

流石にご招待状のフォームは時代に合わなくなり、ご招待名がお二人だったり、連名であったりと幾通りかのパターンが出来てきました。会場はゲストハウスが多く生まれましたが、一つの会場で全てを準備という形は変わっていません。

それに対し欧米のウェディングプランナー主導のスタイルでは、会場は場所とお料理、飲み物を提供し、お二人の好みのスタイルでの結婚式を行います。生活スタイルの変化や、若い方のファッションへの関心や知識が深くなり、多様なアイテムの提供が求められています。

そのため、ウェディングプランナーは時代の変化に求められる、若いお二人の希望に添える職業なのです。

宮﨑千枝がウェディングプランナーを始めた2004年はまだ必要ない職業と思われていました。しかし現在は未婚、既婚を問わず若い方へウェディングプランナーのシステムを説明しますと100%の方が支持して下さいます。

  女性の感性とホスピタリティに合う職業です

bridesmamaはシステムを構築、教育・指導の体制を整え、情報を共有するシステムです。登録するウェディングプランナーを募り、育成を行ってまいります。

フリーウェディング プランナー育成への取り組み